不登校になる理由は?寄り添うことが大切!

2018年1月28日

不登校になってしまったら

子どもが不登校になってしまうことは、珍しくありません。子どもたちは、発達しきっていない精神状態で様々な人と関わり、成長している途中にあります。そのため、大人には理解が難しいことで悩んでしまっているのです。勉強や運動が思うようにできない場合や、友達との喧嘩、先生との信頼関係がうまくいかないなど小さなきっかけで心を傷つけられてしまうようです。しかし、子どもがそれを自分の言葉で説明するのは難しいようです。そのため、親にも理由を話さずに学校へ行かなくなってしまうことがあります。そんなときは、無理やりに話を聞こうとするのではなく、待ってあげることが重要です。学校へ行かないことが悪いことであるように言わないことが大切です。

再び学校へ行けるようになる方法

子どもの不登校の原因がわかるまでは時間がかかるのですが、担任の先生などと協力をして子どもが学校との関わりを少しでも持ち続けられるようにすることが大切です。一人でも信頼できる先生がいることや、友だちがいれば学校に行けることなどが大切なことです。少しでも行ってみようと思ったならば、校門まででもよいので行ってみましょう。一日で教室まで行こうとせず、少しづつ慣れていくことが大切です。子どものがんばろうという気持ちを裏切らないように先生方と協力をして、見守ることが重要です。最終的に教室に戻ることが一番ですが、保健室や図書室など特定の場所へ登校することでも、勉強することができるので、理解を示してあげましょう。

不登校とは学校に登校することを拒否している状態です。その原因として、人間関係の崩れや学校に通う意味を見出せないほどの無気力によるもの、発達障害や学習障害による不安や葛藤によるものなど様々です。