専門学校でメイクアップアーティストに必要な技術を身につけよう

2018年3月30日

メイクアップアーティストの仕事の特徴とは

メイクアップアーティストは、テレビ局や結婚式場、ヘアサロンなど様々な場所でメイクを専門に担当するプロとしてニーズが高まっています。特に、メイクアップアーティストとしてコンスタントに仕事を請け負うためには、ヘアスタイルや顔の表情に合ったメイクを行う必要があり、高度な知識や技術が求められます。また、メイクアップアーティストの中には、美容師やネイリスト、エステティシャンなどの美容に関する資格を持つ人も少なくなく、様々な美容業界における経験を活かしやすい職種としても知られています。その他、メイクアップアーティストとして知名度が高まるにつれ、独立して仕事をすることもでき、自由な働き方を選びやすいという魅力もあります。

メイクアップアーティストになるための学校の選び方

メイクアップアーティストは、美容に関する仕事に関心のある若者の間で注目されており、在学中から仕事に役立つノウハウが学べる専門学校に対するニーズが高まっています。特に、美容業界における経験が長い一流の講師陣が揃っている専門学校に通うことで、就職活動をスムーズに行えるのはもちろんのこと、就職後にすぐに本格的な仕事に取り組めるというメリットがあります。

また、メイクアップアーティストになるために必要な国家資格はないものの、仕事の内容に関係のある公的資格や民間資格などを取得することで、就職時のアピール材料として利用することができます。なお、専門学校の長期休暇などを使って、メイクアップアーティストが数多く在籍する企業でインターンシップなどを経験することで、実際の仕事の魅力を知ることがオススメです。

メイクアップアーティストとは、テレビや雑誌、映画に出演する俳優やモデルのメイクを担当する人のことです。