興味のある研究に取り組みやすい通信制大学院を選ぶなら

2018年4月28日

人気の通信制大学院の学び方を調べよう

通信制大学院は、特定の分野についてある程度の実務経験のある社会人を対象としたカリキュラムが組まれているところが多く、社会生活で役立つ研究を進めるうえで大きなメリットがあります。特に、幅広い年代の社会人に人気の通信制大学院の特徴として、レポートやスクーリングなどの形式で好きな時間に学べることや、担当の教員とのコンタクトが取りやすいことなどがあります。また、通信制大学院によっては、学内の自習室や図書室などを無料で開放しているところもあり、高度な研究を進めるうえで有意義な環境が整っています。もしも、通信制大学院の入学先の選び方に迷いがあるときには、入学説明会やオープンキャンパスなどのイベントに足を運ぶことがおすすめです。

通信制大学院における研究の進め方

通信制大学院は、授業料が通学制と比べて大幅に安く設定されていることや、自宅で定期試験の受験やレポートの提出ができるといった魅力があります。一方、通信制大学院のシステムによって、担当教員と連絡が取りにくいことや、研究の進め方について理解しにくいこともあります。そこで、研究テーマに沿った学習を行ううえで、在学生に対するサポートに定評のある通信制大学院の願書を参考にしたり、各分野で実績のある教員にメールや電話などでアドバイスをもらったりすることがおすすめです。また、短期間で通信制大学院で学位を取得したい場合には、様々な研究の方法が用意されているところや、単位の認定の基準が分かりやすいところを進学先に選ぶことがポイントです。

通信制大学院とは、主にインターネットや紙媒体を使用した教員とのやり取りを主な学習方法としている大学院のことを指します。